兵庫教育大学大学院 学校教育研究科 特別支援教育専攻 障害科学コース

教員紹介

井澤 信三

井澤 信三

障害のある子どもたちとの実際的なかかわりから、研究ははじまると思います。そのかかわりの中で、出会った課題を大切にし、自分で整理・分析し、それに対してどのように支援していくかを考える力が大切だと思っています。いっしょに臨床と研究をしましょう。そして、より多くの方々が「障害」に関して理解と支援を深めることができるようにがんばりましょう。

発達障害臨床心理学・応用行動分析学

Mail

研究者総覧

Web

石倉 健二

石倉 健二

障害のある乳幼児から成人の「発達」と「生活」の支援について、主に心理学の立場から考えています。最も得意とする手法は動作法と心理リハビリテイションです。最近は、前言語期のコミュニケーション発達、自立活動について中心的に取り組んでいます。臨床心理士、理学療法士、介護支援専門員の資格を持っていますので、教育・医療・保健・福祉の連携や、家族支援・地域支援も得意としています。研究と臨床の対象とフィールドは幅広く展開しています。

リハビリテーション心理学・障害児(者)心理学

Mail

研究者総覧

Web

河相 善雄

河相 善雄

障害児者の生活課題を支援するために、教育・福祉・医療の系と教育機関・地域社会・家庭の系の連携によるネットワークシステムの構築が必要であると主張し、そのあり方を模索する毎日である。大学院における指導は、幅広く学生独自のテーマを受け入れ、院生の研究意欲を支えている。また、時には深夜に及ぶゼミも、月1回のペースで栄養学講座や調理実習に変貌する、という噂も・・・。趣味は囲碁やパソコンにも及び、MacもWindowsも扱う。さらに遊びは何でも興味を示すと言われている。あなたも噂の真偽の程を検証するために、一度大学院にチャレンジしてみませんか。

米国の障害児教育制度・障害児地域教育経営学

Mail

研究者総覧

高野 美由紀

高野 美由紀

発達相談、発達障害の診断を通して、発達に不安がある子どもとご家族を微力ながらも支援していきたいと思っています。また最近では、重度の障害がある子どもと教師や支援者とのやりとりを詳しく観察して、障害のある子どもへの支援のあるべき姿を言語化しようと模索しています。今のところ、リスペクトとユーモアがキーワードだと考えたりしています。この大学の面白いところは、様々な経験を持つ大学院生と多方面に活躍している教員のいるところです。きっと新しい風に触れ、自分の歩みたい道ができるでしょう。

障害児病理・発達医学

Mail

研究者総覧

丹所 忍

丹所 忍

見えない・見えにくい子どもへの支援を中心に、すべての子どもにとって見やすくわかりやすい支援の在り方について考えています。インクルーシブ教育の推進には、特別支援教育からの発信が求められています。実践する中で抱くふとした疑問は研究テーマとして取り組む価値があります。
ぜひ、実践と理論をつなぐ研究に一緒に取り組みましょう。

障害児指導法(視覚障害)

Mail

研究者総覧

鳥越 隆士

鳥越 隆士

聴覚に障害のある子どもたち(ろう児・難聴児)への心理/発達支援をテーマに、教育・研究・支援活動に取り組んでいます。活動の場は、主にろう学校(聴覚特別支援学校)や難聴学級ですが、国内だけでなく、手話の活用の先進国である北欧の取り組みや開発途上国での教育開発協力にも関心を持ち、軽快なフットワークで、様々なフィールドを飛び回っています。

障害児発達心理学

Mail

研究者総覧

Web