兵庫教育大学大学院 学校教育研究科 特別支援教育専攻 障害科学コース

コース紹介

 兵庫教育大学大学院学校教育研究科特別支援教育専攻は、障害科学コースと発達障害支援実践コースの2つのコースがあり、教育研究等において相互に協力しています。
 障害科学コースは、特別支援学校、小学校、中学校の特別支援学級、通常の学級における児童生徒に携わる現職教員の研修の場として教育活動を行っています。また、特別支援学校教員養成(5領域)として、多くの学部卒業生(ストレート院生)が学んでいます。それ以外にも、福祉に興味を持ち障害児者支援を研究しに来る方や、看護師等医療職で障害に関連した教育研究を求めて来る方、留学生など、様々なバックグラウンドの学生が熱心に研鑽を積んでいます。
 当該コースの教員は総勢6名で、教育学、心理学、医学と専門性は様々で、視覚障害、聴覚障害から肢体不自由、病弱、知的障害、自閉 症や発達障害まで、障害も幅広く対応しています。また、それぞれの教員は、学校現場や療育施設、相談機関での実践あるいはスーパーバイズの経験も豊かです。
 障害科学コースで学ぶことで、障害の理解を通して人間を理解することができる、障害のある児童生徒を対象とした教育を行っていくに足りる人間性を磨くことができる、理論を学び実践につなげていくことができることを目指しています。これから大学院への進学を考えておられる方、キャリアにつながる学びができる魅力ある障害科学コースへ、どうぞお越しください。