メイン
研究
教育
地域
その他
講義 他大学 ゼミ 修了生 ツール
>教育>ツール
 「弘法、筆を選ばず」という言葉がありますが、現代の大学教育では、そうはいきません。優秀な外科医が手術道具にこだわるように、講義で使用する道具は最良のものを選びたいものです。

ドキュメントスキャナー

 これで、いろいろな紙書類をスキャンしてマックに保存するようにしました。スキャンは、結構高速です。スキャン後、PDFにしてOCRで文字画像を読み取っておきます。そうすると、テキスト内容をSpotlightで検索対象にすることができますので、どこかにまぎれても安心です。(富士通、S510M)

スマートボード

 情報教育実習室に備え付けのもです。Windowsのほかマックでも使えます。今年から担当することになった「特別支援教育情報処理」で使用してみました。写真のものは、プロジェクターで画像を投影するタイプのもです。ボードがタッチパネルになっていて、ペンで自由に描いたり図形を描くことができます。今後、インタラクティブな授業づくりで活用されていきそうです(日本スマートテクノロジーズ)

ワイヤレスヘッドセット

 大きな講義室では、マイクが備えつけられていますが、ここはやはりワイヤレスで。ピンマイクではなく、ヘッドセットです。右手にレーザーポインター、左手にワイヤレスマウスを使うことも多いのでこれは便利です。また、照明を消したりと教室を自由に動き回れるのもメリットが大きいです。ちょっと騒々しい場合でも、学生の近くへ歩いていくとさすがに静かにしてくれます。(パナソニック、WX-4360B)

Keynote3

プレゼンソフトは、パワーポイントではなくアップルのKeynote3を使用しています。Macintosh上で動作します。パワーポイントの読み込み、への書き出しも出来ます。若干、ずれたりしますが。配置を揃える時にガイドが出て、これがすごく便利なんです。きれいでインパクトのあるプレゼンをしようと思ったら断然Keynote3ですね。iWork'07はまだ出ないかな。(アップル)

Keynote3

Keynote3の3Dグラフは、プレゼンテーションに大きなインパクトを与えることができます。回転も速やかにできますし、影の方向も調節可能です。バーのパターンもイメージファイルから読み込むことができます。(アップル)

グリーンレーザーポインター

レーザーポインターにプレゼンソフトのページ送り・戻り機能がついています。Keynoteでの使用もOKです。パソコンのUSBポートに受信部を装着して使用します。緑色レーザーなので8倍明るいそうです。(コクヨ、サシ-80)

MacBook Pro

Core 2 Duo 搭載、15inch displayのMacBook Proです。なめらかなキータッチが素晴らしく、文字を打つのが楽しくなります。暗いところでは、キーボードのバックライトが美しく光ります。完成の域に限りなく近づいたデザイン、高い質感はまさにプロフェッショナル仕様と言えましょう。ただし、重量感はそれなりです。(アップル)

Mighty mouse

尻尾無しワイヤレスマウスです。ムービーを再生する時の一時停止に重宝してます。先代と比較するとだいぶ軽量化されました。右クリックにも対応してているのと、小さなスクロールボールを使って斜め方向の移動もできます。(アップル)

BootCamp

MacBookProにBootCampアシスタントを使って、Windows XPをインストールしました。これで、SPSSを動かします。Mac OSX側からWindowsのファイルを開くこともできます。(アップル)