教育臨床心理学分野

池田 浩之(いけだ ひろゆき)

■専門領域:認知行動療法、就労支援

■研究テーマ:

 ・精神障害のある方、発達障害のある方への認知行動療法及び就労支援

 ・就労支援機関への支援者トレーニングの実施

 ・Webシステムを用いた継続就労を支える支援について

 

遠藤裕乃(えんどう ひろの) 

■専門領域:臨床心理学 精神分析学

■最近の研究テーマ:

 ・初任臨床心理職者におけるリアリティ・ショック体験の検討

 ・心理療法・カウンセリングにおけるインフォームド・コンセントに関する研究

■修了生の修士論文タイトル例:

「母親の養育機能を促進する要因と子どもの学校適応感との関連性について」

「学校現場から外部専門機関への円滑なリファーの方法に関する研究」

「中学生におけるインターネット・電子ゲーム・携帯電話への依存傾向とエゴグ

ラムとの関連」

「高校生の問題行動に対する教師の関わり方チェックリストの検討」

「動的学校画(KSD)にみる児童期の過剰適応について」

「青年期における信頼感と攻撃性の関連―TATを用いた検討―」

「動物コラージュの継続的作成が自己イメージへの気づきに与える影響の検討」

「中学生の逸脱行為の促進要因及び抑止要因について」

「教師における内的作業モデルとバーンアウトおよびストレスコーピングとの関連について」

「感情抑制と統制可能感が青年期における対人関係及び自己肯定感に及ぼす影響」

「児童期における理想自己と現実自己の差異とソーシャルサポートとの関連」

 

鈴木 菜実子(すずき なみこ)

■研究分野:精神分析的心理療法、精神分析、短期力動的心理療法、心理療法の効果研究

■主な研究テーマ:

 ・精神分析ならびに精神分析的心理療法の効果に関するメタ分析を用いた検討

 ・力動的な心理療法における効果概念に関する研究

 ・パニック焦点型力動的心理療法の日本への導入

 

中村菜々子(なかむら ななこ)

■研究・実践領域:臨床心理学、健康心理学、コミュニティ心理学

 ・ストレス管理/援助要請/メンタルヘルス・リテラシー

 ・末期腎不全患者のメンタルヘルス

■修了生の修士論文タイトル例:

「小学校高学年児童の快活動と精神的健康との関係」

「小学生高学年の反すうとコーピングが抑うつ状態に与える影響」

「高校生への認知再構成法による心理教育プログラムの効果」

「感情のモニタリング能力が感情喚起後の行動選択に与える影響」

「解決先送りコーピングが精神的健康に及ぼす影響」

「ポジティブ感情とネガティブ感情に対する感情制御方略と精神的健康との関連」

「曖昧場面の肯定的解釈トレーニングが気分改善に及ぼす効果」

「セルフ・エスティームがポジティブ・フィードバックに対する評価に及ぼす影響」

「日本人特有の感謝感情と向社会的行動及び主観的幸福感との関連」

「発達障害児をもつ母親の援助要請に関する研究」

「クローン病患者の自己への慈しみに影響する心理社会的要因の検討」 

 

永山 智之(ながやま ともゆき)

■専門:臨床心理学,力動的心理療法,コンバインド・セラピー

■研究テーマ:

・発達の偏りや未成熟の問題を抱え、自分の内面を語るのが難しい現代青年へのアプローチ

・箱庭や描画、グループ・アプローチの活用法

・個人療法と集団療法を同一セラピストが併用する「コンバインド・セラピー」の研究

 

遊間 義一(ゆうま よしかず)

■専門領域:非行・犯罪心理学,TAT検査

■研究テーマ:

 ・少年鑑別所退所少年の再犯に対する社会環境と個人属性の相互作用

 ・日本の男子性犯罪受刑者に対する性犯罪防止プログラムの再犯抑止効果

■修了生の修士論文タイトル例:

「学級の規範意識が中学生の学校内逸脱行動に及ぼす影響」

「被虐待体験と一時帰宅が児童自立支援施設入所児の行動特徴に与える影響」

Effects of self-esteem and narcissism on aggression in Japanese middle

school students

「大学生の自己開示傾向,開示抵抗感と孤独感の関連」

 

 

教育臨床心理学分野には6名の教員が所属しています。