情報社会

甲南女子大学の教職課程の総合演習の中の1テーマとして「情報社会」を担当しています。
1グループ3回の授業です。
平成16年度の計画はだいたいこんなところでした。

……が、実際には、思ったようにいっていません。


第1回 情報を批判的に受け取るということ

 ●一般に学校で「情報教育」といった場合、何を教えることを想定している?
 ●もっとひろく、学校教育と情報の関係を考えてみると?
 ●メディアリテラシーって何だ?
   新聞を中心に、具体例をいくつか
    ・ホントか?
    ・書き手による(意図的・無意図的)情報操作
    ・ステレオタイプ
 ●批判的(クリティカル)思考の必要性
   批判的思考=クリティカルシンキングって何だ?

 ◆今日の課題


第2回 「事実」の見方

 ●復習 批判的思考って何だ?
 ●情報=「事実」とされているものを疑ってみる視点
   ポイントを2つに絞ろう!
    ・歪み系
    ・偏り系

 ●批判的思考に必要な知的作業は?
 ●問い=Questionが大事!
   具体的に使うための問いのリスト

 ◆今日の課題


第3回 情報を受信・発信する自分への省察 …… そして教育へ

 ●自分を含めた人間の認知(知覚、記憶、判断等)を批判的に省察(reflect)する
   キーワードは「メタ認知」
 ●どういう態度で望めばよいか、また、どうやって伸ばしていけばいいか
 ●改めて、メディアリテラシーとは?
 ●まずは自分の目を鍛えよう、次に、教師として児童・生徒に何をどのように教えるかを考えよう

 ◆最終課題

総合演習 情報社会