考えることについて考えてみよう


●思考を磨くための材料は日常のどこにでも転がっている


●メタ認知  心理学の専門用語を1つ覚えよう


●ものごとを学んでいく上で,間違えること,わからないことの重要性


●学習観・知識観って?

 たとえば,学校の先生がよく言う「わからないことはどんどん質問しなさい」という言葉について
 考えてみよう。先生にとって,この言葉の意図するところは,
  → 「質問したら,先生が教えてあげるから」 というものだろう。


 この考え方の土台になっている(暗黙の)背景思想(学習観・知識観は,
 次のようなものではないだろうか?

 しかし,他の考え方もありうるということに気づいて欲しい!

●問題練習の必要性

 問題練習とは?

     ※問題練習のための題材例はこのページを参照のこと


●最後に,私が非常に好きな話しを1つ紹介
 佐伯 胖 著 『考えることの教育』(国土社, 1990) の中にあるエピソード(p27-30)
 勉強嫌いだった中学生がある時家庭教師に言ったことば
 「わかるってことも楽しいけど,わからないのも楽しいね」

※残念ながら,当日の講義では時間が足りなくてこの最後の話しは割愛しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
今日の話題に関連する図書

*クリティカル進化(シンカー)論 ――『OL進化論』で学ぶ思考の技法 道田泰司・宮元博章著 北大路書房
*じょうずな勉強法 麻柄啓一著 北大路書房(心理学ジュニアライブラリ01巻)
*考える心のしくみ 三宮真智子著 北大路書房(心理学ジュニアライブラリ04巻)
*わかったつもり 西林克彦著 光文社新書
*「わかる」のしくみ ――「わかったつもり」からの脱出 西林克彦著 新曜社
*考えることの教育 佐伯胖著 国土社