授業実践を考える
自由小の坂本先生が開発した教材の紹介とお買い物学習の実践紹介
  








   お買い物学習用自作レジ
 








     コイントレイ
 自閉症児童を含む3人の子どもたちが集団で学習しています
ポイント
一人一人の達成度の評価として課題分析に基づいた方法が使えます。課題分析の例としては、かごをとる、商品を選ぶ、レジへ運ぶ、(レジに並ぶ)、支払いをする、財布と商品を持ってでる、などです。一人でできるステップ→○、援助つきで達成(どんな種類かも記録する)成→△といった具合に各項目別に記録すると良いでしょう。
シミュレーション学習での課題分析と現実場面の課題分析と似ていれば般化しやすくなるでしょう。                     文責 井上